第二種電気工事士技能試験の傾向

技能試験の傾向

今年度より、判定基準が厳しくなります。 昨年度までは重大欠陥と軽欠陥の2種類があり、 軽欠陥は2つまで合格でしたが、 今年度より軽欠陥がなくなりました。 つまり、これまで軽欠陥で済んだものが、 今年度は重大欠陥とみなされ、不合格となります。