第二種電気工事士技能試験をこれから受ける方へ

昨年の上期技能試験では13番、4番、下期技能試験では11番が出題されました。今年も1月12日に電気技術者試験センターより13問の公表問題が発表され、昨年の4,11,13番は同じ番号でそのままの内容で出題されています。

今年は昨年に出題した問題は出ないと思わないで、これから技能試験を受験される皆さんは公表問題1番から13番までどこが出ても良いように準備をしてください。

技能試験を成功させるためには、スピード(作業の早さ)も大事です。最初は時間を気にせず完成させることに注力して、慣れるに従いスピードも気にして作品作りの練習をしっかりする必要があります。早く作品を完成するためには、工具になれることと、複線図を早く書けるようになることです。

試験直前には、自分だけで独学で勉強されたかたはもちろんですが、他人(第3者)に確認をしてもらい、問題点のないことを確認しましょう。思い込みは大変危険です、出来たと思い込み、間違いを間違いと気付かずに、そのまま試験終了をしてしまうと、失敗してしまう可能性が高いと考えるべきです。

当研修所では基本から全公表問題を演習する研修に加え、試験を目前に控えた日程で、1日限りの実力確認コースという技能試験対策の研修も準備しています。研修に参加し、本番の試験のつもりで実力を確認することは、非常に大事なことだと思います。

第二種電気工事士の技能講習はこちら