筆記試験本番に向けての対策ポイント

皆さん、こんにちは。講師の豊田です。いよいよ筆記試験まで1カ月をきり、追込みという時期ではないでしょうか。

筆記試験は、昨年下期より問題の内容がかなり進化しており、難易度があがってきていると言えます。そうしたことから、今年の上期合格率はかなり下がるのではないかと危惧し、講座にこられた受講生の皆さんにはしっかり対策をお伝えしています。今回は、私の講座で受講生の皆さんにお伝えしている対策ポイントを少しお伝えします。

大きくは、「電気の基礎をしっかりと勉強する」「全体を万遍なく、しっかりと学習する」「過去問題を徹底的に実施、自分のものにする」この3つです。

また、配線図の問題に関してはこれまで以上に難しくなることが予想されます。ここは、捨てるなど考えずに、単線図から複線図化をして、問題を解くところは、必ず過去問を5回くらい自分で解き、解き方を覚えることが大事とお話をしています。基礎が大事です。

講座では、わかるまで聞いていただき、これまで以上に時間を割いて研修しています。また、研修だけで良いわけではありません。研修後も、過去問をしっかり解き、わからないところはテキスト(合格塾)を見るようにしながら、勉強することをアドバイスしています。

【さらにここが大事!】

◆試験までは、

・自分で過去問を解いてみて70点以上が常にとれるように努力する

◆当日は、

・わかる問題より回答する。

・計算問題、複線図の問題は腰をすえて時間をかけ、問題を考える

・色々問題をやっていると思い込みをしがち。問題内容はどこか必ず違うものを思い、問題内容を確認、回答する

などが受講生へのアドバイスです。ここでは充分お伝えできていないことも講座でしっかり伝授します。最後の追い込みをしたい方、まだ講座を開講していますので是非お越しください。

せっかく受験するなら、1回での合格を一緒に目指しましょう!

筆記試験受験講座【直前対策コース】

筆記試験受験講座【配線図対策コース】

筆記試験受験講座【電気理論対策コース】

筆記試験受験講座【配線図対策+電気理論対策コース】